スポンサードリンク

2008/11/28

【奥多摩ツーリング】紅葉編レポート(3)

【奥多摩ツーリング】紅葉編写真ギャラリーはこちら

月夜見第一駐車場にてすっかり体が冷えた僕らは、ツーリングマップルで日帰り温泉を探します。
奥多摩周遊道路を秋川渓谷方面へ進む予定の中で、周遊道路を抜けたところの通り道にある「檜原温泉センター数馬の湯」を目指すことにしました。
しかし周遊道路を登っていった先で待ち受けていたのは、それはもう深い深い霧でした。
5メートル前は見えず、ゆっくりゆっくり進むと気温を示す電光掲示板。そこには「3℃」と。。見間違いじゃないよね?(汗)
シールドが曇り、さらに冷える体にムチを打ち、峠を越えるとようやく霧も晴れました。

okutama2_19.jpg

そのまま道なりに進み、ようやく目的地のオアシス「檜原温泉センター数馬の湯」に到着。

okutama2_20.jpg

とにかく早く風呂につかりたいとい一心で、受付を済ませ、中へ。

okutama2_21.jpg

大人800円は少々お高いが、体が芯から冷え切った今の僕には背に腹はかえられません。(笑
ということで、中へ。



中へ入ると食事どころがあったりと日帰り温泉のわりにけっこうゆっくりできそう。しかしまずはなにはともあれ風呂です。

うほっ
そしてのれんをくぐります。

okutama2_22.jpg

残念ながら風呂の写真はないのですが、露天風呂と大浴場があり、まずは露天風呂へ。
ゆっくりと体を温めつつ、旅の疲れを癒します。
すこしぬるめでしたが、かえってゆっくりできます。
なんだかんだ30〜40分ほどつかってすっかりぬくぬくに♪

ツーリングなので生ビールはいただけませんが、がぜんやる気がでます。
そうすると今度は腹が減るという、なんともわがままなもんです。
お風呂の支払いを済ませ、次なる目標は昼飯!
さっきまでの冷えきった体がウソのようにぬっくぬくになった僕とNくんは、秋川渓谷経由で帰るルートの中でツーリングマップルに載っている「カレー」と「ラーメン」を迷ったあげく秋川渓谷に入る手前の「たちばな屋」を目指すことにしました。

okutama2_23.jpg

写真は走ってきた側のルート。この後は写真の方向とは逆を行きます。

で、数馬の湯からしばらく走って到着。

okutama2_24.jpg

中へ入るとちょうど2人分空いていました。
メニューはこんな感じ。

okutama2_25.jpg

手打ちのめんを使ったそばとラーメンがおすすめのようで、僕らはラーメンを注文。
Nくんも楽しそうです。

okutama2_26.jpg

窓からは赤く色づき始めた木々が見え、景色もサイコー!
そうして待つ事10分くらい?ラーメンおまっとー。

okutama2_27.jpg

ふむふむ。
あっさりスープに手打ちのちぢれ面。
今の僕にはとてもしっくりくる一杯でした。

ぬくぬくの体に満たされたお腹。
なにも問題はなくなり、帰路につきます。

ルートは秋川渓谷を抜けて秋川街道→青梅ICから圏央道→関越で練馬です。

秋川渓谷から秋川街道、青梅までは多少クルマが多かったのですが、まったりツーリングとしてはまずまず。途中、すこしだけ小雨がパラつきましたが濡れるほどではなく。
なんとか持ちこたえました。

青梅→関越の三芳SAにて最後の小休止。

okutama2_28.jpg

ほっとコーヒーで再度体を温め、無事帰還。

okutama2_29.jpg

約260kmの旅はとても寒かったですが、よい景色と少しだけの試練。
だけどやっぱり気分は爽快で、なんとも心地よい疲れを生ビールが癒してくれました。

ということで2度目の奥多摩も無事終了。
奥多摩よ、また来年会いましょう!


───────────────────────
参 加:わぱお&Nくん
バイク:W650&ゼファー400
時 間:9時間/7:00-16:00
*バイク6時間、休憩3時間くらい
高速代:\3,000(往復)
燃 料:7Lくらい
走 行:258.3km
───────────────────────

タグ:奥多摩
posted by わぱお at 01:16 | Comment(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
W650オリジナルTシャツ販売中!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。